Browsing: 小東京

特集記事
0

 トーレンスのミヤコ・ハイブリッド・ホテル内にある「五感の癒し」空間、スパ「利楽園」のロサンゼルス店が小東京のミヤコホテル内にこのほど、グランドオープンした。昨年6月の開店以来、トーレンス店は日本を感じさせる空間演出といき届いたきめ細かいサービスで、地元だけでなく遠方からもリピーターが通うほどの人気店となり、今回は満を持しての2号店オープンとなった。開店に先駆け関係者らを集めたオープニングセレモニーが同日行われ、小東京に新たに誕生した「都会のオアシス」の門出を祝った。

特集記事
0

 小東京に新年の幕開けを告げる新春祝賀イベント「お正月イン・リトル東京」(南加日系商工会議所主催・竹花晴夫会頭)が1日、ウエラーコートとジャパニーズビレッジプラザの2カ所で同時に開催された。遠方からも多くの参加者が訪れる中、獅子舞や餅まきなど日本の正月がそのままロサンゼルスで再現され、2012年の門出を盛大に祝った。

磁針
0

 2011年も残すところあと数日。今年も涙と笑顔が交差する1年となった。3月11日に発生した東日本大震災では多くの尊い命が失われ深い悲しみに襲われた。ロサンゼルスをはじめ世界中で支援活動が行われ、国籍を問わず多くの人から送られたエールはきっと被災者の心に届いたことだろう。

磁針
0

 小東京ビレッジプラザには今も七夕の短冊が飾られている。離ればなれになった織姫と彦星が年に1度、天の川に橋が架けられ会うことができる恋物語から、短冊には「素敵なボーイフレンド(ガールフレンド)ができますように」など、恋愛にまつわる願い事を書く人が例年多いのではないだろうか。

磁針
0

 東日本大震災から3カ月が経過した今、米メディアから被災地の様子が報じられることは、ほとんどなくなったように思える。  一方、ロサンゼルスの日系コミュニティーでは、今も連日のように復興支援のイベントが行なわれている。

磁針
0

 3月11日に発生した、未曾有の大震災。地震から発生した津波は多くのものを飲み込んでしまった。  放送される映像は、あまりに想像を超えていて映画の場面に見えた。現実だと思わされたのは、実際日本の実家と全く連絡が取れないことだった。Eメールを送っても何の返事もない数日がなんと長かったことか。

磁針
0

 小東京の桜も淡いピンク色の花を咲かせ、道行く人々に春の訪れを知らせている。  先日、透き通る青空の下、小東京を散策する機会に恵まれた。全米日系人博物館でツアーガイドを務めるボランティアスタッフの案内のもと、2時間ほど小東京を一周した。

1 11 12 13