Browsing: 文部科学省

磁針
0

 日本語の文章を執筆中、濁音の振り仮名でしばしば手が止まる。  例えば「砂糖」が「角砂糖」になる時、「さとう→かくざとう」になる。「話」が「昔話」になる時、「はなし→むかしばなし」になる。「子供」が「双子」は「こども→ふたご」、「詰める」が「缶詰」は「つめる→かんづめ」になる。

磁針
0

   日本人が生で話す日本語で、なにこれ? と引っかかる言葉使いを見聞きすることが増えている(と思う)、と言っても主観的な独断偏見と言われるかもしれないが。  テレビの生番組で若い芸能人がよく「お母さんがお弁当を作って下さいました」なんて言っている。

磁針
1

   日本中の中学が武道を必修授業として取り入れることになった。相撲と剣道、柔道という三つの候補の中から、それが一番やりやすそうだというので、圧倒的に多数の学校が柔道を教えることにしたようだ。ほとんどの場合では、経験豊富な柔道指導者が自校に一人もいないのに!