Browsing: 未来

磁針
0

 今年も8月を迎えた。私のような70歳半ばを過ぎたシニアにとって、忘れられない夏がある。それは1945年(昭和20年)夏だ。東京下町で生まれ育っていた私は、その年の東京大空襲で家も学校も周囲のすべてを焼き尽くされ、両親の故郷である滋賀県へ母に連れられて身を寄せていた。

磁針
0

 世の中を見渡せば上があれば下も無限だ。すべての点で自分より気の毒な境遇の人は無数いる。仮に自分が病気であったとしても、もっと重い患者よりはましだ。  私は腎臓障害のため週3回、一回3時間の透析を受けている。透析日はほぼ終日拘束されるうえ、妻が運転手として付き添ってくれるので、