Browsing:

磁針
0

   初めての大阪・天満橋の桜見物は、地下鉄から地上へ出ると目の前に大きな河が広がり、対岸の木々の緑に映えたピンクの桜が延々と河岸に沿って続いていた。背景には高層ビルが連なり、河にはさまざまな観光船が行き交い絵のようだ。こちらの河岸には乗降客で賑わう観光船の乗り場が

磁針
0

   母の卆寿を祝いに里帰りした6年前の早春の東京。着いたら都が桜の開花を宣言。僕ら夫婦も母国の同胞の桜狂想曲に加わり好天の都内各地で満開の桜を楽しんだ。桜を愛で心奪われる日本人は何ともたおやかな情緒と文化の民族かとつくづく感じ入った。

磁針
0

   「花は桜木、人は武士」とか—。このあとに「柱は檜、魚は鯛、小袖はもみじ…」と続く。一休宗純禅師の言葉とされているが、諸説あり真偽は不明。  それはともあれ、暖かくなって桜の開花シーズンになると、なぜか日本人の血が騒ぐ。首都ワシ

磁針
0

   今日本に一時帰国している。  数日前から徐々に暖かくなりはじめ梅の花が満開を迎えたが、1週間ほど前までは本当に寒かった。ロサンゼルスの暖かな気候に慣れてしまったせいか日本の寒さは特に身にこたえる。外に出ると赤鼻のトナカイのようにすぐに鼻が真っ赤にな

特集記事
0

 小東京の随所に植樹されている梅と桜の木の一部が、先週から開花し始めている。見ごろはまだ少し先になりそうだが、青空の下、ピンク色の花びらを広げ、春の訪れを告げている。

磁針
0

   酷暑続きで、悲鳴を上げた今夏の日本。干ばつや大型台風による豪雨、洪水、竜巻などの天災にも見舞われ、各地で甚大な被害をもたらした。犠牲者の冥福を祈りたい。  一方、われわれが暮らしている南カリフォルニアは、幸いなことにここ数年、涼しく快適な夏を

特集記事
1

 メトロ・ゴールドラインの小東京駅横に植樹されている桜の木の世話をボランティアで続ける「桜レスキュー・プロジェクト」(トーマス・オケリー代表)は7月25日、南加日米協会(ダグ・アーバー会長)とメトロ、日系団体らと協力し、同地の桜13本のうち3本に名前を寄贈する式典を催した。

磁針
0

   久しぶりに日本での桜の季節を満喫してきました。春空を独占する桜、川面に枝垂れる桜、小学校の校庭で入学式を待つ桜。さまざまな場所で咲きほこる満開の桜は、同じ品種の桜であっても見る場所によって違った感情や思い出を持たせてくれました。

特集記事
0

 ロサンゼルス地区の各所に植樹されている桜の木の一部が、先週から続いた温暖な天候により一気に開花し、一部で見ごろを迎えている。青空の下、淡いピンク色の花びらをいっぱいに広げ、春の訪れを告げている。

特集記事
0

 ウエストロサンゼルスのストナー公園(1835 Stoner Ave.)に植えられた桜の木の一部に淡いピンク色の花が咲き始め、周辺住民や公園を訪れる人たちに春の訪れを告げている。

磁針
0

   日本の暦では、季節は春を迎えた。節分は、季節の移り変わりのとき、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことだが、豆まきの節分だけが知られている。  今年の節分は日曜日で、スーパーボウルと重なった。試合前「鬼は外、福は内」と鬼打ち豆を