Browsing: 母の日

磁針
0

 前日からの雨が上がり、道路の所々に水溜まりの残る石畳の道が続く舗道を抜け、典型的なヨーロッパのイメージのどんよりと曇る空の下、テムズ川沿いを散策してみました。ロンドン橋から遠くない場所に掛けられた重厚感あるタワーブリッジを望む公園には、巨大な白いカーネーションで作られたオブジェが飾られており、花を求める多くの女性たちで賑わっていました。

磁針
0

 職場のプログラムの一つに、就学前の5歳以下の子供のための日本文化サークルがある。ダイパーから5歳までということで、参加する幼児には必ず保護者が付いてくることになっている。  保護者のほとんどが母親で、中には共稼ぎのために祖父母やベビーシッターがくることもあるが、気をつけてみていると、この頃少しずつ男性、つまり父親が付き添ってくるケースが増えてきた。

磁針
0

 お花見シーズンや風薫る初夏に訪日する人は多い。「親が生きている間に、できるだけ会いに行きたい」と言う人の話を聞くと、ほとんど例外なく、親とは母親のことだ。母が亡く、父親だけなら子らの訪日意欲は半減するのかもしれない。母は、正に強し。

磁針
0

   5月第2週の日曜日になっても、わが家には母の日は訪れません。スペインのように5月第1週になるわけでもありません。毎年この時期に行なわれるイベントのため、とても自分の家族のことを考える余裕がない状態になり、寝食を忘れて準備や実行に追われるからです。

磁針
0

   ハイテクのおかげで情報は一瞬のうちに世界を駆け巡る。私たちの子供や孫には「世界は一つ」感は当たり前の時代になった。もち論、日々の生活は住んでいる地方性の上になりたっているから、暑いの、寒いの、都会だ、田舎だ、という制約からは逃れられない。また、制約があるから

磁針
0

   5月の第2日曜日は、日ごろの母の苦労をいたわり、母への感謝を表す「母の日」。  たった1日だけ「ありがとう」と言われても、と戸惑う母も多いでしょうが、母の偉大さ、素晴らしさは、誰だって文句のつけようがありません。

磁針
0

   5月の第2日曜日は「母の日」。以前、私の友人がお母さんを亡くした。「参ったよ。覚悟はしていたがおふくろの死がこんなに辛いとは思ってもみなかった」60歳を過ぎた彼のしみじみした口調は私の心に響いた。私も母親を亡くした時に同じような思いをしたからだ。

磁針
0

   私の親の時代の生き方と言えば、兄弟が多く、学ぶ事もろくにできず、他人や家庭の手伝いが日常で、脇目もふらず、がむしゃらに生活してきた世代です。私の母親もその典型的な世代であり、兄弟姉妹を面倒見て、