Browsing: 民主主義

磁針
0

 日本の私に電話をかけて来た娘は、涙声だった。  「どうしても抗議したくて、手紙を書き始めたの。こんな人がいるかと思うと本当に悲しくて…」  日本の漫画家がフェイスブックに掲載した「そうだ 難民しよう」とのタイトルのイラストがBBCニュースによって紹介されたという。

磁針
0

 今、ユーチューブの「三国志」にはまっている。軍師が劉備や曹操、呂布にとっていかに重要か、見ていてよく分かる。  安倍首相の側近の発言が安保法制関連法案の新たな火種になっている。三国志の時代ならさしずめ「軍師」に当たる首相補佐官の「法的安定性」発言だ。

磁針
0

 イロコイ(Iroquois)連邦の存在を初めて知った。ニューヨーク州北部、ハドソン川西側、オンタリオ湖南部の地域で、1570年頃にイロコイ語を話す5部族(モホーク、オナイダ、オノンダーガ、カユーガ、セナカ)がイロコイ連邦国家を結成した。

磁針
0

 「お笑い芸人」という呼称はいつ頃できたのだろうか。それまで新宿や浅草の寄席や芝居小屋で客を笑わせていた漫才師やコメディアンがテレビの司会者やレポーターとして起用され、今や「お笑い芸人」なしではテレビやラジオはやっていけないぐらいになっている。

磁針
0

 先日金曜日の夕方の出来事である。コンピューターの前で作業中、思いっ切りくしゃみをしたら、前歯の差し歯がポロっと抜けた。数カ月前にインプラントをした歯だ。2日後の日曜日に仕事で人と会う予定である。

磁針
0

 シカゴでは春の予備選挙も雪を踏んで投票所に向かうことが多いが、秋の中間選挙や大統領選挙の季節も寒さが厳しくなる。  オバマ大統領の任期が2016年で切れるところから、候補者が誰であろうと民主党と共和党の勢力争いが色濃く出ており金力に物を言わせ

磁針
0

 ワシントンDCに初めて出張した。ミネソタ留学時代にルームメートだったロブが住んでいるので、27年ぶりに再会できた。卒業後は何回か「元気かい?」と連絡を取り合ってはいた。懐かしかったけど、数年前にFacebook でつながっていたので不思議なぐらい違

磁針
0

   前に日本語と漢字の存廃に揺れた維新後の明治新政府下の動きを紹介した。似た現象が大戦の敗戦後も起きた。今回は戦後編を碩学高島俊男先生の「漢字と日本人」や他の史料を参考に駆け足ご免で辿ってみたい。  戦後、敗戦の混乱と米国の占領下、価値観が

磁針
0

   今年の日本は記録的な猛暑、68年前の8月15日も陽差しが強く、正午の重大放送の予告に多くの人たちがラジオの前に集まった。  ラジオから流れる聞き慣れない声は、初めての天皇の肉声放送であったが、雑音が混じり特殊な抑揚をともなった天皇の詔勅は特殊な言い回しも

磁針
0

   参院選挙の在外投票が14日まで行われている。有権者の関心は年々高まってきてはいるものの、投票率は在外有権者全体の2%台と低迷。在外選挙人名簿に登録した人だけをみても投票率はやっと20%に。(昨年12月の衆院選)  日本を取り巻く国際環境が厳しさを増す中で、

磁針
0

   年の暮れになると、かつて在ロサンゼルス総領事だった児玉和夫・国連次席大使から長文のEメールが届く。  12月26日付けのメールで「政権交代を二度連続もたらした有権者の判断」を評価した児玉さん。その一方で、選挙後、

磁針
0

 第二次大戦が終了してしばらく、私がまだ小中学生だったころ、映画は私たちにとってほぼ唯一の贅沢な娯楽だった。  映画のスクリーンに人生を重ね、笑い、泣き、そして銀幕の俳優さんに憧れたものだった。最近は3D映画も登場し、臨場感あふれる体験も可能だが、私にとっては昔の白黒映画のほうが胸に迫るものがある。