Browsing: 民主主義

磁針
1

 日本の外務省が毎年米国で実施している世論調査で、「アジアでの最重要パートナーは中国」と答えた人の割合が39%と、「日本」との回答(31%)を初めて上回った。日本の新聞は口を揃えて失望感をあらわにした。「日本は中国に抜かれた」「中国の存在感が増した」  果たしてそうなのだろうか。

磁針
0

 監督が代わったとたんに、今までの不振がうそのように打ち始めた大リーグ・アスレチックスの松井秀樹選手。なんだか、学級担任が代わったとたんに勉強しだした小学生にも似て、ほほえましい。  その大リーグなどのスポーツ観戦で、試合開始前にファンがみな起立して国旗・国歌に敬意を表するのは、アメリカではあたり前の光景。

磁針
0

 現役が22年間の続投に終止符を打って次期市長選に不出馬を発表したことに伴い、先日シカゴ市の市長や市議の選挙がおこなわれた。  市長が引退を発表するや、次々と引退する市議が増えて15もの区で新しい議員が選出されることになり、表現は汚らしいが獣の死体から寄生虫が這い出してくる図を見るようである。

磁針
0

 政権交代で民主党が与党となって約1年半、財源確保がないままの福祉への傾斜はとうとう国の借金を1000兆円に迫る水準に押し上げた。財政均衡に見通しのない国債の格付けはさらに引き下げられ、日本はまさに嵐に翻弄される小船のようだ。  戦後、180度の価値観の転換で民主主義と共に国民の権利意識が高まった。