Browsing: 民謡

磁針
0

 「あの人高齢だけど、頭はとってもクリアよ」。あなたの周りにいるそんな人、もしかしたらその人、「スーパーエイジャー」かもしれません。  スーパーエイジャー、それは80歳を超えてもなお、55歳前後と同じ程度の記憶力を持つ人々のことをいう。

特集記事
0

 南加県人会協議会(岩下寿盛会長)は、日本文化の継承者育成と東日本大震災の被災地支援の資金集めを目的とした「親睦演芸会」を6日、約650人の参加者を集めアラタニ劇場で開催した。各県人会のメンバーが、民謡や舞踊、コーラス、歌謡など故郷の伝統芸能を披露し席上、若い文化継承者8人に対する奨学金授与式を開き、受賞者は日系社会からの期待の高さを肌で感じ、さらなる精進を誓った。【永田潤、写真も】

特集記事
0

 1966年創設の日本民謡「松豊会」(佐藤松豊会主)は1日、日ごろの練習の成果を一般に披露する温習会をガーデナで催した。この日はロサンゼルス支部とラスベガス支部から約40人が参加し、美しい音色で集まった人々に民謡の素晴らしさを伝えた。

特集記事
0

 創立33年を迎える日本民謡の竹嶺会ロサンゼルス支部(西屋国弘会長、支部長=木津嶺富師、木津嶺志津師)は2日、木津竹嶺、照子家元夫妻を招待し、モンテベロで名取披露の宴を盛大に催した。

特集記事
0

 南加で活動する7つの民謡団体が加盟する南加日本民謡協会(鈴木博久会長)は24日、創立50周年記念を兼ねた2013年度総会および新年親睦会をモンテベロのクワイエットキャノンで催した。

特集記事
0

 創立33年を迎える日本民謡のロサンゼルス竹嶺会(西屋国弘会長、支部長=木津嶺富師、木津嶺志津師)は4日、トーレンスのミヤコハイブリッドホテルで新年親睦会を催した。今年は、日本から木津竹嶺、照子家元夫妻も出席し、ともに海外での日本民謡の普及と発展を祝した。