Browsing: 江戸時代

磁針
0

 好きな日本語やそうでない日本語を主観、私見で書く勝手文です。見ても聞いても使うのも好きでない日本語に「何々させて頂く」「生きざま」「こだわり」「何々じゃないですか」「癒し」「xxカト思います」などいろいろある。「生きざま」は最近「あの人の生きざまが好きだ」など、おかしな使われ方が当り前になってしまった感がある。

磁針
0

 NHKテレビの日曜美術館。男女の解説アナウンサーがゲストを迎え、洋の東西の美術品を解説する。  絵画から彫刻、織物、焼き物とその幅は広い。使われた素材や時代背景、その当時の競争相手などを織り交ぜながら最新のカメラや分析機を使い、時には制作現場まで辿ってさまざまな角度から分析をする。