Browsing: 河合将介

磁針
0

   病み上がりの体力回復にむけ、ドクターの指導により、週3回リハビリ・センターへ 通うようになって間もなく1年になる。ここでの訓練により、内臓を含む体力への自信を少しずつ自覚できるようになってきた。  怠けぐせが身についた私はビジネスからの引退

磁針
0

   患者としての私の実感からすると、アメリカの医療システムは高度に専門別分業体制だ。医者は専門分野に細分化され、それぞれがその分野について担当してくれるので、これはこれでたいへん合理的だとは思うのだが、なんだか自分の身体をひとりの人間としてではなく、細分化された部品

磁針
0

   これまでも何度かこの欄に書いたが、私は病を抱え込み、おかげで医療機関や透析センターへ通い、さらにはリハビリ訓練と、このところ週のうち6日は自分の思い通りにならない拘束の日々を送っている。自由な時間を取れるのは日曜日の一日だけだ。

磁針
0

   私は日本企業の海外駐在員として長期にわたり、日本を離れた生活を送った。それだけに、海外駐在のはざまとなった時代に日本で収集した日本語の書物、レコード、録音テープなどは私にとって貴重な財産となっている。収集品のひとつが当時ラジオで放送していた『文化講演会』テー

磁針
0

   「謝らないアメリカ人」という話をよく聞く。交通事故を起こして自分に非があったとしても素直に認めて謝る人はまずいないという。謝るとは、こちらの非を認め、過失を認め、罪を認め、損害補償をすることを認めることに通ずるので、うっかり「ごめんなさい」とはいえないようだ。

磁針
0

   私たち仲間内で行っている月例勉強会では、毎年初、恒例テーマとして『今年の大予測』を取り上げ、私が担当している。これは年のはじめに日本と世界の経済、政治、社会、スポーツなどについて話題になりそうな20項目ほどを選び、メンバー各自が予想表に記入、年末に結果と照らして

磁針
0

   年末を迎え、各地で恒例の歳末助け合い運動が始まっているが、一年を通じて助け合いの精神が生きているのが慈善と互助とボランティアの先進国であるここアメリカといえよう。  ビジネスから退いて16年、私はロサンゼルス郊外で引退生活をエンジョイしている。間もなく

磁針
0

   シニアという表現は通常、年齢に関係なく、年少者であるジュニアに対し、年長者を指すものだが、ただ単に上級者や年長者を指すこともあるようだ。  特に日本語でシニアというと年齢的に老境の域に達した人、例えば、会社を定年退職し、その後

磁針
0

   外出時、私のシャツの胸ポケットに必ず収めているものがある。それは一見手帳風になっているカード入れで、これを開けばメモやカードが一覧で見られ、また必要に応じて取り出せるようになっている。  カードといってもクレジット・カードの類では

磁針
0

   2020年夏季オリンピック、パラリンピックの東京開催が決まった。  今から49年前の1964年、アジアで初の開催となった東京オリンピック、パラリンピックは戦後の混乱から復興を遂げつつあった日本にとって、再び国際社会の仲間入りをする重要な節目の役割

磁針
0

   日本は参議院選挙もおわり、新しい政治が動き出した。  総務省の発表によると、今回の参院選の投票率は選挙区選、比例選ともに52・61%で、いずれも前回2010年参院選を5・31ポイントも下回り、過去3番目に低い投票率に終わったそうだ。

磁針
0

   5月に心臓部のステント(太腿の血管からチューブを挿入し、心臓部の血管を広げる)措置を受けた私は、担当医の推薦もあり、病院のリハビリ部門でプログラムに沿ったリハビリ訓練を受けることになった。  訓練センターはTorrance Memorial Specialty