Browsing: 河合将介

磁針
0

   80歳という世界最高齢でのエベレスト登頂を果たした冒険家の三浦雄一郎さんは峰の頂で見えたものを記者団から問われ「人生、夢を見て、あきらめなければ実現できる」と応じていた。  三浦さんの今回の挑戦はアンチ・エイジングがテーマだったそうで「80歳でもまだまだスタート

磁針
0

   私学の技術分野で多くの逸材を輩出してきた芝浦工業大学の創設者である有元史郎については、一般にあまり知られていない。昨年、この有元史郎の生涯を記した本(「奇跡の学校、有元史郎と四人の技術者たち」(大倉直、愛育社刊)が出版され、入手する機会を得た。

磁針
0

   日本では4月29日は「昭和の日(国民の祝日)」だ。「国民の祝日に関する法律」によると、「昭和の日とは激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」とある。昭和天皇崩御の後、それまで天皇誕生日であった日を「緑の日」を経て2007年より

磁針
0

   経営の神様といわれた松下幸之助翁の言葉に「長所は短所、短所は長所」という名言がある。人の長所や短所というものは絶対的なものではないということだ。  松下翁は学歴がなかったこと、体が弱かったこと、貧乏であったこと、の三つが自分を大きく

磁針
0

   「運は天に在り」は戦国時代、越後の龍ともいわれた上杉謙信公が残した「春日山城壁書」冒頭の一節だ。人の運は天命によるもので、人間の力ではどうすることもできないという意味だが、これには続きがあり、「運命が天命とはいえ、戦において生き抜き、

磁針
0

   札幌の女子大生が「ネガポ辞典」(主婦の友社刊)という本を出版し、話題になっている。否定的(ネガティブ)な言葉を、くすっと笑える肯定的(ポジティブ)な言葉に置きかえる本だ。  たとえば「愛想が悪い」は「媚を売らない」、「友達が少ない」は「安易に群れない」、

磁針
0

   多くの政党が競った日本の総選挙が終了した。この選挙には日本国外からも在外投票によって私たち在留邦人が参加し、一票を投じた。選挙結果は自民党の圧勝、民主党の惨敗、日本維新の会の第3党進出など、大きな変化となった。これが有権者の審判の結果であり、

磁針
0

   日本の厚生労働省によると、「健康寿命」とは「介護を受けたり、病気で寝たきりにならず、自立して健康に生活できる」年齢のことなのだそうだ。日本の場合、平均寿命と健康寿命との差は男性で9年、女性で13年ほどあるという。この差の間が「介護を受けたり、

磁針
0

   アメリカ国内では比較的なじみの浅い柿だが、それでも日系人や日本人の多いマーケット、特に日系ストアには色鮮やかな柿が並びはじめている。今年は柿が豊作のようだ。知人宅に植えられた柿の木には今年も枝が折れんばかりに実がついた。おかげでたくさんの柿をいただき、

磁針
0

   昨年、日本のテレビドラマの主題歌でもあった「マルマルモリモリ」という歌がヒットしていた。二人の子役のキャラクターによるところも多かったようだが、「マルマルモリモリ」とか、「ダバデュア、ダバジャバ」など、意味不明な呪文じみた歌詞に魅入られた人も多かったのではないだろうか。

磁針
0

   人がまばたきをして目を閉じるのは、世の中に存在する不快なもの、見たくないものを少しでも見ないで済むようにするためである。—以前、こんな粋なコメントを読んだことがある。でも実際はそんな理由ではないようで、インターネットなどで検索してみると、もう少し論理的に説明がされている。

磁針
0

   ある日の日暮れどき、サウスベイ地区のわが家に近い裏道をドライブしていたときのことだ。  とある信号機の無い交差点にさしかかった時、私が運転する車のすぐ前を横断しようとして立ち止まっている、かなりの年配の女性が一人、目に入った。

1 3 4 5 6 7