Browsing: 無言館

磁針
0

 野本一平さんと初めてお会いしたのは、ちょうど5年前の3月でした。私が書いた円空の文章から結ばれた縁でした。私の母親の生家の近くに円空博物館があり、木に荒削りに彫られた不思議に微笑む仏像があることを書いたのですが、それを読んで伝えたいことがあると思ったのか、何の取り柄もない私に円空について書いた自身の原稿が送られてきたのでした。

磁針
0

 訪れたのは晴れた日でしたが、昨年の台風による千曲川の氾濫によって鉄橋が半分崩落しており、一番近い列車の駅にはバスでの代行運転での行程でした。畑を抜けて山の中腹に位置する場所に、無言館はありました。コンクリート色むき出しの建物には、「戦没画学生慰霊美術館」と書いてありました。

磁針
0

 先月日本でちょうど終戦記念日だった8月15日、京都市内から山陰線で一日かけて舞鶴の「引き揚げ記念館」を訪れた。以前書いた鹿児島県知覧の特攻平和記念館や長野の出征画学生の遺作展示の無言館を訪問した時と同じで涙を拭きつつ歴史展示を見て回った。

磁針
0

 今春、日本滞在中に信州の山野に建つ無言館を訪れた。無言館は先の大戦での戦没画学生の遺作を数百点集めて展示する。東京から行くには、まず大河ドラマ「真田丸」でいま人気の上田市まで新幹線、さらにそこから地方鉄道とバスを乗り継ぐ。