Browsing: 茶道裏千家

磁針
0

 茶道裏千家の松本宗静先生の訃報に寂しさを禁じえなかった。気安く宗静先生とお呼びできるような立場ではないことを承知で、呼ばせていただきたい。  宗静先生の、まっすぐに背筋を伸ばした姿勢で柔和な表情で、「今日のお軸の『喫茶来』は、…」と説明してくださっていたお姿が、懐かしく思い出される。

コミュニティー
0

 茶道裏千家淡交会オレンジ・カウンティー協会(半田俊夫会長)は2月19日、ビラパークの裏千家名誉師範の小泉宗由師宅の「宗由庵」で初茶会を催した。淡交会LAカウンティー協会員や表千家、江戸千家など茶人のみならず、日系社会の多方面から65人が参集し、香煎席では白湯でのどを潤し、本席で濃茶、立礼席で薄茶の一碗とともに点心席を堪能した。

コミュニティー
0

 第75回記念「二世週祭」(テリー・ハラ実行委員長)は、第1週の15、16の両日開催され、祭りの呼び物グランドパレードと、コロネーションが盛大に開かれ、伝統の祭りは佳境に入った。さまざまなイベントが催され盛り上がり、猛暑の小東京をさらに熱くした。「二世週祭特集第二弾」では祭りの熱狂ぶりを伝えるほか、今週末も繰り広げられる日本文化紹介や各種展示・実演など盛りだくさんの内容で見どころを紹介する。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

 茶道裏千家十五代家元の千玄室氏が5月24日、世界平和を願う献茶式および和合の茶会、講演会、デモンストレーションをロサンゼルス郡美術館(LACMA)で催した。LACMAの日本美術パビリオンでは現在、日本でもあまり目にすることができない約100点におよぶ楽焼茶碗の展示が行われており、会場には約600人が駆けつけ、千玄室氏の点前を拝見するとともに、茶道の伝える「和敬清寂」の理念を学んだ。

磁針
0

 泥棒を捕まえてから縄を綯(な)うように、まだ羊を折っている。全く、羊年を迎える準備がなっていない。元日には、お正月行事がリトル東京で盛大に開催され、あの寒さの中、賑わった。その中で、かじかむ手をさすりながら折り紙をさせてもらった。