Browsing: 藤田喜美子

コミュニティー
0

 南加日系商工会議所(川田薫会頭)が主催する正月祝賀行事「お正月イン・リトル東京」が1日、オンラインで開催された。毎年、初詣客も加わり大勢の人出でにぎわう小東京の元日の恒例行事だが、23回目を迎えた今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、バーチャル開催となった。昨年末から開始されたワクチン接種の効果に期待を込め、未来の明るい時代に向けてスタートを切った。

コミュニティー
0

 オレンジ郡日系協会(OCJAA、藤田喜美子会長)は18日、「敬老感謝の集いと日本文化奨学金授与式」をインターネットでつないだバーチャル方式で催した。153人が参加し、同郡在住の80歳以上の長寿者12人を敬老表彰するとともに、日本文化の継承者に対する奨学金授与式では、将来が嘱望される若者の前途を祝した。  34回目を迎える秋恒例のイベントだが、今年は新型コロナウイルスの影響で大きく様変わりした。昨年までの会場での開催はあきらめたものの「コロナで、つらい思いをしているお年寄りを喜ばせたい」と、理事会が奮起し、入念に準備してバーチャル開催にこぎ着けた。今年はまた毎年夏に催しているゴルフ大会を中止したため、予定していたオレンジ郡在住の新大学生3人に対する奨学金授与式を催した。

コミュニティー
0

 日本語によるさまざまなソーシャルサービスを提供し、教育、文化、趣味の各クラスを持ち、次世代を担う若者を育成するなど多岐にわたり活動するオレンジ郡日系協会(OCJAA)は、2020年度役員就任式を1日、アナハイムのダブルツリースイーツで催した。165人が参加し、4期8年目続投の藤田喜美子会長ら役員の船出を盛大に祝った。地元日系人社会とOCJAAへの功労者5人の活躍をたたえ、それぞれに感謝状と功労賞の盾を贈った。

コミュニティー
0

 エンゼルスの大谷翔平選手の打撃フォームをかたどったボブルヘッド人形が16日、本拠地エンゼル球場の来場者に3万個配布された。800席を押さえたオレンジ郡日系協会(OCJAA)をはじめ、日系社会からも大挙して押し寄せ、人形を手に大きな声援を送って、大谷選手の大活躍とエンゼルスの勝利を後押しした。

コミュニティー
0

 6月11日、闘病のために日本に帰国していた北岡和義氏がアーバインを訪れて講演会を開催した。この講演会は、オレンジ郡日系協会(藤田喜美子会長)とオレンジカウンティ倫理法人会(ギラム真理子会長)、そしてジャパニーズ・フレンドシップ・ネットワーク・イン・OC(住山弘代表)のオレンジ郡を拠点とする日系3団体が共催し、Keiroが協賛した。

コミュニティー
0

 オレンジ郡日系協会(OCJAA)は2019年度役員就任式をこのほど、アナハイムのホテル・ダブルツリースイーツで催し、参加者約190人が見守る中、7年目続投の藤田喜美子会長の指揮の下、役員が任務の全うを誓った。地元地域と協会への功労をたたえ、2個人と2団体への表彰式を開いた。

コミュニティー
0

 オレンジ郡日系協会(OCJAA、藤田喜美子会長)は9月30日、秋恒例の第32回「敬老感謝の集いと日本文化奨学金授与式」をアナハイムのオレンジ郡仏教会で催した。同郡に住む80歳以上の長寿者17人を敬老表彰し、日本文化の継承者2人に奨学金を授与した。各種エンターテインメントを披露し、同郡日系社会の礎を築いたパイオニアに敬意を表すとともに、次世代を背負って立つ若い文化継承者の前途を祝した。

コミュニティー
0

 日本語による各種ソーシャルサービスの提供や教育・文化支援、次世代の若者育成など多岐にわたり活動するオレンジ郡日系協会(OCJAA)は2018年度役員就任式を2月25日、アナハイムのダブルツリースイーツで催した。参加者約170人が、3期6年目続投の藤田喜美子会長ら役員の船出を盛大に祝った。地域と協会への功労をたたえ、2個人、1企業、1団体を表彰した。

コミュニティー
0

 オレンジ郡日系協会(OCJAA、藤田喜美子会長)は9月24日、「敬老感謝の集いと日本文化奨学金授与式」をアナハイムのオレンジ郡仏教会で催した。同郡在住で80歳以上の長寿者80人を招待し、そのうちの17人を敬老表彰、各種エンターテインメントを披露し盛大に祝った。同時に催した日本文化を継承する若者に対する奨学金授与式では、将来が嘱望される受賞者2人の前途を祝した。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

 オレンジ郡日系協会(OCJAA)は2017年度役員就任式を2月26日、アナハイムのホテル、ダブルツリースイーツで催し参加者約180人が、3期5年目続投の藤田喜美子会長以下、新役員の門出を祝った。藤田会長は、協会の活動を充実させ、日系社会の活性化につなげることに意欲を示した。

コミュニティー
0

 10日から3泊4日の日程の修学旅行でロサンゼルスを訪れた愛媛県立松山東高校(藤田繁治校長)の2年生男女99人が13日、アナハイムで開かれた南加愛媛県人会会員や県出身者など、当地で活躍する日本人を招いた夕食会に参加し交流を深めた。生徒は、大谷喜平県人会長から激励され、同校卒業生の講話を聴き、刺激を受け海外志向を高めた。

1 2