Browsing: 銀行

磁針
0

 銀行から届いたステートメントに、前月引き出したはずの金額がまだそのまま記載されていることに気づいた。その額、1万5千ドル余り。銀行に行って訂正しなくてはと判断した。  日本で銀行員をしていた親戚からはかつて、10円違っても帳尻が合うまで残業すると聞かされたことがある。

磁針
0

 行きつけの郵便局や銀行の窓口に異変が起きている。私は米国西海岸で一番大きいリタイアメントコミュニティー、ラグナウッズ市の傍に住んでいる。近所の郵便局はかつてはそこの老人たちで賑やかだった。局員は彼らの名前を覚えていて、明るく迎え、小会話を交わしながら、仕事をテキパキと片付けた。

磁針
0

 「ビットコインに投資して、一緒に儲けませんか」と声がかかった。  実態を全く理解していない仮想通貨への投資など、思いもしないこと。しかし、声をかけてきたのは30年来の友人で、一時は余命2週間と宣告されながら骨髄移植や抗がん剤治療を経て奇跡的にここまで生き、「儲けて、死ぬ前に宇宙旅行をしたい」と言うので、話を聞くことにした。

磁針
0

 かつては米国で活躍した企業戦士たちが引退を迎えると、大半が日本帰国を選ばれた。その理由は米国と比べ十分の一の医療費、食べ物、それに日本の充実した交通機関、自分で運転しなくてもどこにでも行ける便利さである。高齢になればなる程、この三要素は大きな理由になる。

磁針
0

 ここ数年、家のモーゲージの利子が3%台で推移している。これから家を買う人や、払い込みがまだたくさんありリファイナンスしたい人にはいい機会だ。  さて、銀行に行くと顔見知りの窓口さんから「リファイナンスしないか」と勧められる。

磁針
0

   この世の中には銀行にする貯金と、天にする貯金の二種類があることを、「祈り」(白鳥哲監督)という映画で教えられました。  銀行に貯金するものはお金や財産ですが、天に貯金するものは、私たちの身近にある感謝の気持ちや他人を思いやる行為などの目に見えないものです。