Browsing: LA市長

コミュニティー
0

 「私の魂が日本を求めている。日本の美の真髄に触れるたびに魅了されるのです」。元ロサンゼルス郡検事で、親日家としても知られる写真家のギル・ガーセッティー氏が7日、小東京にある日米文化会館(JANM)で、小東京ロータリークラブ主催のイベントで日本の美について講演した。会員らおよそ60人が集まる中、自身が日本で撮影した写真について、そして日本人が持つ美を敬う心について語った。【吉田純子、写真も】

 ニュース
0

 ロサンゼルスのエリック・ガーセッティー市長は14日、就任後2回目となる施政方針演説を、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校(CSUN)で行った。「原点に戻る(back to the basics)」をキーワードに、就任当時からの公約に加え、目下の課題となっている水不足問題への取り組みや、現在積極的に推し進めている地震対応策などについて自らの指針を示した。【吉田純子、写真も】

特集記事
0

 ロサンゼルスのエリック・ガーセッティー市長の父で写真家のギル・ガーセッティー氏が7日、日本をテーマに撮った写真集「日本、美しきものへの崇敬」を発表し、サンタモニカ市にあるダンカン・ミラー・ギャラリーでサインイベントを開催した。友人やさまざまな分野で活躍する芸術家、息子であるLA市長らが出席する中、日本に対する熱い思いをスピーチし、米国人が見習うべき姿は日本にあると訴えた。【吉田純子、写真も】

特集記事
1

   「DNAテストをしたら先祖は日本人かもしれない」。息子は現ロサンゼルス市長、祖父はメキシコ革命の時、絞首刑になった。ギル・ガーセッティー氏はOJシンプソン事件を担当した元ロサンゼルス郡検事で、現在は刑事ドラマ「クローザー」などテレビ番組のコンサルタント・プロデューサーのほか、写真家としても活動する。日本をこよなく愛し、過去3年間に9回も日本を訪れ、全国各地を回りながら写真を撮り続けている。ガーセッティー氏の目に映る「美しき国、日本」について語ってもらった。 【取材=吉田純子、写真も】